img20190309_21400170

第34回 正陽会 2019年5月19日(日)

img20190309_21400170第34回 正陽会 

2019年5月19日(日)  午後1時開演 正午開場

於 大槻能楽堂

能 高砂   

前シテ(尉) 後シテ(住吉明神) 上野朝彦

ツレ     (姥) 山田 薫

ワキ (阿蘇宮神主) 廣谷和夫

ワキツレ  (従者) 是川正彦  森本幸冶

アイ   (所の者) 山下守之

 笛 赤井要佑  小鼓 清水晧祐  大鼓 上野義雄  太鼓 中田弘美

地謡  上野朝義 上野雄三 梅若猶義 野村昌司

    井戸良祐 水田雄唔 齋藤信輔 伊原 昇

後見  野村四郎 赤松禎友

休憩

 

狂言 茶壺   

シテ(すっぱ)茂山七五三   アド(田舎者)茂山逸平   (目代)網谷正美

後見  山下守之

 

舞囃子   三笑  

シテ 慧遠(えおん)禅師(ぜんじ) 野村四郎

ツレ 陶淵明(とうえんめい)  上野朝義

ツレ 陸(りく)修(しゅう)静(せい) 上野雄三

笛 赤井啓三  小鼓 清水晧祐 大鼓 上野義雄  太鼓 中田弘美

地謡  赤松禎友 梅若猶義 長山耕三 前田飛南子 赤井きよ子

休憩

 

能 船弁慶  

前シテ(静御前) 後シテ(平知盛の亡霊) 上野雄介

子方(源義経) 長山芽生

ワキ(武蔵坊弁慶) 喜多雅人

ワキツレ(義経の従者) 中村宜成 是川正彦

アイ(大物浦の船頭) 茂山 茂

 笛 赤井啓三 小鼓 荒木建作 大鼓 山本哲也 太鼓 三島元太郎

地謡  上野雄三 上野朝義 長山耕三 井戸良祐

    水田雄唔 齋藤信輔 山田 薫 三浦信夫

後見 野村四郎 野村昌司

 

img20190309_21410233

img20190309_21420674

大阪観世会定期能第2回 平成31年6月8日(土)午後1時始

img20190309_21420674

大阪観世会定期能 

会場 大槻能楽堂  大阪市中央区上町A-7

          ℡ 06-6761-8055

第2回 平成31年6月8日(土)午後1時始

1回券 一般 7,000円  学生2,500円

1期券(2回分) 12,000円

 一般チケット申し込み

img20190309_21424237

img20181222_14180196

上野松颯会定期能 2019年年度

上野松颯会定期能のチケット申し込み

予約も承ります

 

img20181222_14180196-1

上野松颯会定期能のチケット申し込み

img20181222_14180196-2

上野松颯会定期能のチケット申し込み

 

 

 

img20190112_13131019

大阪観世会定期能第1回 平成31年2月9日(土)

img20190112_13131019

大阪観世会定期能 

会場 大槻能楽堂  大阪市中央区上町A-7

          ℡ 06-6761-8055

 2月9日(土)午後1時始

1回券 一般 7,000円  学生2,500円

1期券(2回分) 12,000円

 一般チケット申し込み

img20190112_13135172

 一般チケット申し込み

img20181222_14513685

2019年 大阪観世会定期能 年間番組

大阪観世会定期能 年間番組

会場 大槻能楽堂  大阪市中央区上町A-7

          ℡ 06-6761-8055

 2月9日(土)午後1時始

 6月8日(土)午後1時始

1回券 一般 7,000円  学生2,500円

1期券(2回分) 12,000円

 一般チケット申し込み

img20181222_14513685

 

img20181222_14524855-3

img20181222_14524855-1

 一般チケット申し込み

 

img20181222_14524855-2

img20181222_14524855-4

 一般チケット申し込み

 

 

 

sikoku[1]

大槻能楽堂自主公演能1月26日・2月23日・3月23日

sikoku[1]


大槻能楽堂自主公演能 能の魅力を探るシリーズ~四国巡礼~

■2019年1月26日(土)14:00~

  お話   井沢元彦 「日本史と藤原氏」

  能  「海士~懐中之舞~」 赤松禎友  

  狂言 「維盛」 茂山あきら

 

  前売 一般5,400円(+500円で指定席) 学生前売2,700円 

  当日 一般5,900円 学生3,100円

  ※U-25(25歳以下学生)立ち見800円

    お問い合わせ:大槻能楽堂 06-6761-8055

 

■2月23日(土)14:00~

【特別公演】

  お話  内田樹 「海民と騎馬武者―源平合戦のコスモロジー―」

  能  「屋島~大事・那須之語」 観世清和

  前売 S席一般8,600円 A席一般7,000円 B席一般5,900円 

      学生席4,300円

  当日 S席一般9,600円 A席一般8,000円 B席一般6,900円 

      学生席5,300円  

    お問い合わせ:大槻能楽堂 06-6761-8055

 

■3月23日(土)14:00~

  お話  村井康彦 「通盛+小宰相」対「義仲+巴御前」

  能  「通盛」武富康之

  前売 一般5,400円(+500円で指定席)学生2,700円 

  当日 一般5,900円   学生3,100円

   ※U-25(25歳以下学生)立ち見800円

   お問い合わせ:大槻能楽堂 06-6761-8055

 

 

sikokuu[1]

sinsyun2019[1]

H31年 大槻能楽堂自主公演能 新春能

sinsyun2019[1]

大槻能楽堂自主公演能 新春能

1月3日(木)開場13時 開演14時

「翁」片山九郎右衛門 茂山千三郎

能「高砂―八段之舞―」観世喜正

狂言「靱猿」茂山千作 茂山千五郎

前売券 S席一般8,600円 A席一般7,000円
  B席一般5,900円 学生席4,300円

当日券 S席一般9,600円 A席一般8,000円
  B席一般6,900円 学生席5,300円

お問い合わせ:大槻能楽堂 06-6761-8055

※14:00~翁渡りが終わるまで、見所への出入りは出来ませんので、お時間に余裕を持ってお越しください

1月4日(金)開場13時 開演14時

「翁」大槻文藏 野村裕基

狂言「隠狸」野村万作 野村萬斎

能「国栖―天地之声―」」観世銕之丞

 

1月4日は、完売となっているようです

 

sinsyun2019u[1]

 

 

 

img20180716_21443817サイズ

第3回上野松颯会定期能楽会12月16日(日)午後1時始

img20180716_21443817サイズ

第3回上野松颯会定期能楽会

12月16日(日)午後1時始

場所大槻能楽堂 大阪市中央区上町A番7号 06-6761-8055

料金      一般4,000円      学生2,000円

チケットお申し込み

 

仕舞

    • 「船弁慶 クセ」 三浦信夫
    • 「網之段」 前田飛南子
    • 地謡:上野朝義,伊原昇,上野朝彦

能「佛原」ほとけのはら

      • シテ:上野雄三
      • ワキ:廣谷和夫
      • アイ:山口耕道
      • 笛:野口亮
      • 小鼓:清水晧祐
      • 大鼓:山本哲也
      • 後見:野村昌司,赤井きよ子
      • 地謡:野村四郎,上野朝義,前田飛南子,川中治作,三浦信夫,伊原昇

狂言「宝の槌」たからのつち

      • シテ:茂山忠三郎
      • アド:山本善之,岡村宏懇
      • 後見:山口耕道

仕舞

      • 「和布刈」上野朝義
      • 地謡:前田飛南子,赤井きよ子,西野翠舟

能「芦刈」あしかり

    • シテ:上野雄介
    • ツレ:上野朝彦
    • ワキ:喜多雅人
    • ワキツレ:是川正彦
    • アイ:茂山忠三郎
    • 笛:斉藤 敦
    • 小鼓:上田敦史
    • 大鼓:上野義雄
    • 後見:野村四郎,上野雄三
    • 地謡:上野朝義,野村昌司,川中治作,三浦信夫,赤井きよ子,西野翠舟

 

あらすじ

〔佛 原〕

 都の僧侶の一行(ワキ・ワキツレ)が加賀国 仏原に来ると、一人の女(シテ)が現れます。

女は、いにしえ平清盛に愛されつつも結局は仏の道へと入っていった「仏御前」という白拍子の霊を弔ってくれと頼み、草堂の内へと姿を消します。

実はこの女こそ仏御前の霊だったのです。

やがて、僧の夢に仏御前の霊が在りし日の姿で現れ(後シテ)、その出家した次第を述べ舞を舞います。

そして「この舞が本当の佛の舞という物です。」と謡い消えてしまいます

 

〔芦 刈〕

 都のさる貴人に召し使われる乳母(ツレ)が故郷の難波の浦へ下り、別れた夫日下左衛門(シテ)を捜します。

しかし行方がわからず、里人の勧めで乳母を慰めるため一行は浦の浜市に行きます。

そこで芦売り男に出会い、葦と芦との違いや御津の浜の由来を聞き、芦売り男は興じて、笠づくしの舞を舞って見せます。

そして乳母に芦を買い求められ、乳母の顔を見た芦売り男は、あわてて物陰に隠れてしまいます。

乳母は、この芦売り男こそ別れた夫だと気付き、近づいて話しかけ、お互いに切なさを歌に詠み交わして打ちとけます。

里人はこのめでたい再会を語り、夫は衣服を改めて、和歌の徳を讃え、よろこびの舞を舞い夫婦そろって都に帰って行きます。

 

 

img20180716_21460030サイズ

 

 

img20181127_19360751サイズ

みおつくしチャリティー能12月23日(日・祝)

歳末助け合い

みおつくしチャリティー能

12月23日(日・祝)

第1部 午前10時開演

第2部 午後2時30分開演 (開場各30分前)

会場 大槻能楽堂img20181127_19360751サイズ-2

img20181127_19594953img20181127_20041643

img20181202_22061121サイズ

 

img20181003_11372702-2サイズ

能「佛原」鑑賞の為の事前講座平成30年12月1日(土)午後1時30分~

能「佛原」(ほとけのはら)鑑賞の為の事前講座

本公演の前に知っておくとより楽しくご覧いただけます

平成30年12月1日(土)午後1時30分~午後3時

会場 朝陽会館

参加費1500円

参加ご希望の方は、事前にご連絡下さい。

参加費は当日にてよろしくお願いいたします。

参加連絡はこちらからどうぞ

img20181003_11372702-2サイズ