講座・ワークショップ

最近は、ワークショップにも積極的に取り組んでいます。
能に「ふれてみる」「体感する」ところから能の世界入ることも、おもしろいですね。

能では、面(めん)の事を「面(おもて)」、そして衣装の事を「装束(しょうぞく)」といいます。
ワークショップでは、身近に面や装束をご覧いただけます。

また、主催している「正陽会」の勉強会も月一回ペースで開催しています。
背景を知ることで、愉しみの幅も広がります。
毎回1回完結ですので、お気軽にご参加くださいませ。

講座・ワークショップ一覧

P1020328サイズぼかし
,

野村四郎「能楽講座」第4回の様子

昨日の野村四郎先生の「能楽講座」第4回ご…
P1010439
,

野村四郎「能楽講座」第2回の様子

   6月14日(火)の野村四郎先生の能楽講座は 今回のテーマ「面の話 作品と演技」にそって先生ならではの趣向を凝らした中身の濃い内容でありました。義雄兄のアシライで緊迫感のある演技をされました。次回3回目のご来場もお待ち申しております。【第1回】2016年5月13日(金) 「能の歴史 日本人の心」…
サイズ
P1010070
,

「能をより楽しむために」講座第6回の様子

5月6日(金)正陽会(11月20日「朝長」上野朝義・「恋重荷」上野雄三)をより楽しむための講座 第6回目がありました。昼の部の模様です。…
20160513-nohworkshop[1]

野村四朗がやさしく紐解く「能楽講座」

☆能楽講座のご案内☆能役者・野村四郎がやさしく紐解く「能楽講座」 能楽シテ方観世流の野村四郎が、80年の人生を通して得た能楽観を全4回のシリーズでおお届けする「能楽講座」。各回テーマに沿って、実技も交えながら能の魅力をわかりやすくご紹介いたします。講師の野村四郎は、これまで文化庁芸術祭優秀賞、芸術選奨文部大臣賞、紫綬褒章、観世寿夫記念法政大学能楽賞、日本芸術院賞など数々の賞を受賞する能楽界の重鎮。人生にも通じる貴重なお話を聞けるチャンスです。会場は大阪天満宮のすぐ前に位置する朝陽会館能舞台。能をご存知の方も、初めての方も、きっと能が観たくなる! 全4回シリーズで、各回のみの参加も可能です。ぜひお運びください。 講師:野村四郎(シテ方観世流)/助手:上野朝彦、上野雄介会場:朝陽会館能舞台(大阪市北区天神橋1-17-8)参加費:【1回】3,000円 【4回通し券】10,000円時間:各回18:30~20:00日程とテーマ:…
DSCF0057
,

「山姥 白頭」事前講座の様子

4月24日(日)事前講座が終わりました。…